ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質

別名:ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質ヘパリン類似物質
  • 効果・効能
    ヘパリン類似物質は「親水性」と「保水性」があり、角質層の隅々までうるおいを届け、水分を保持するため高い保湿効果があります。高い保湿力が期待されるため、医薬品として用いられ、乾燥による皮膚炎などに対して処方されます。また、皮膚の新陳代謝を促進するため、傷跡や火傷の跡を治しやすくする効果も期待できます。乾燥による炎症、ひび割れなどの肌荒れの治療としても使われています。
  • 成分
    ヘパリン類似物質3.0mg(1g中)
  • 用法容量
    1日1~数回適量を患部に塗布してください。
  • 主な副作用
    皮膚炎、かゆみ、発赤、発疹、潮紅、皮膚刺激感、紫斑など伴うことがあります。
ニキビ内服治療の美肌ソルスキンクリニック【公式】
タイトルとURLをコピーしました