十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)

十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)

別名:十全大補湯

十全大補湯
  • 効果・効能
    病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血。 十全大補湯の構成生薬は10種類で構成され、血行をよくして貧血症状を改善する“当帰”や“川きゅう”、“地黄”をはじめ、滋養強壮作用のある“人参”や“黄耆”、水分循環をよくする“蒼朮”や“茯苓”などで冷えや貧血、疲労衰弱の改善に用いられます。 病後の体力低下、食欲不振、手足の冷え、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、貧血などに効果があります。十全大補湯の構成生薬は10種類で構成され、血行を良くして貧血を改善する効果のあるものや、滋養強壮作用のあるものが含まれているため疲労を改善をすることもできます。
  • 成分
    本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス5.0gを含有する。 黄耆(オウギ)3.0g 蒼朮(ソウジュツ)3.0g 桂皮(ケイヒ)3.0g 当帰(トウキ)3.0g 地黄(ジオウ)3.0g 人参(ニンジン)3.0g 芍薬(シャクヤク)3.0g 茯苓(ブクリョウ)3.0g 川芎(センキュウ)3.0g 甘草(カンゾウ)1.5g
  • 用法容量
    通常、成人(15歳以上)は 1包を1 日 2回、食前もしくは食間に水またはぬるま湯で飲んでください。年 齢、体重、症状により適宜増減されることがあります。
  • 主な副作用
    食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢など伴うことがあります。重大な副作用として、偽アルドステロン症、ミオパチー、肝機能障害が挙げられます。
ニキビ内服治療の美肌ソルスキンクリニック【公式】
タイトルとURLをコピーしました